So-net無料ブログ作成
検索選択

伝説Ref.809★ブライトリング コスモノート24時間★1966年C.178 激安価格はここで探せ!!


伝説Ref.809★ブライトリング コスモノート24時間★1966年C.178


ブライトリングってすんなり買えないですね。

私も嫌になるほど探しましたが、
やはりブライトリングは、ここがあっさりとゲットできるようです。


結論として、現実的にここのサイトでしか見つからないでしょうね。



伝説Ref.809★ブライトリング コスモノート24時間★1966年C.178

>>この商品についての詳しい情報はこちら






1959年、ブライトリングのコスモノート誕生ストーリーが始まる。それは1969年人が始めて月面に降り立ったアポロ計画が発動する基礎を築いたマーキュリー計画で携わった7人の宇宙飛行士たちのプロジェクトを”マーキュリー7”とネーミングされ、その中の1962年5月24日のマーキュリー7に挑んだスコット・カーペンターが、61年に飛行士協会”AOPA”とのオフィシャル契約により誕生したナビタイマーRef.806をこゆなく愛したことで知られたように、彼はブライトリング社に24時間時計のナビタイマーの作成を依頼、62年5月24日マーキュリー計画のまさに3日前に彼はその時計を受け取り当日のフライトに臨んだ。それがブライトリング初の宇宙飛行の瞬間でありの運命の時ともなった。
マーキュリー7では、大気圏内突入でのジェット・エンジントラブルがあり、その経験によりアポロ計画で生かされたが、その後、彼の機体は大西洋の東100マイルのケープ・カナベラルにスプラッシュダウンしたが、彼の腕に嵌められたその24時間ナビタ\xA5
ぅ沺爾枠麕豹紊任△襪海箸濃髃廚箸靴徳瓦噦’修擦困砲修慮紊離沺璽⑤絅蝓七弉茲任六藩僂気譴覆ǂ辰拭◀修慮紂▲屮薀ぅ肇螢鵐阿\xCF24時間ナビタイマーを”コスモノート”と名付け、マーキュリー7のカーペンターの名をチラシに載せ、マーケティング戦略としたが、その後のアポロ計画における時計メーカーの選考で、アメリカNASAはマーキュリー7の結果をもとに、その選考リストからブラントリングを外すこととなった。
アポロ計画をマーケティング戦略として誕生したが、その名はいつしかその月面の歴史からも消え去ることとなった。
今回の一品は二つの飛行機が舞う姿をエンブレムとして誕生した1965年以降のもので、クオリティーの高いピラー式のビーナス178を搭載してあることから1966年モデルでコスモノートマーク1としたAOPAロゴからのマーク3となる。ダイアルはマットで夜光はトリチウムとなりエンブレムはプリントとなる。実はこのマーク3、1968年にはバルジュ―7736を導入することで2年ほどで終了になり希少モデルとしても知られている。当然\xC6
璽瓮奪④気譴織屮蹈鵐困傍韻唎修離咫璽淵\xB9Cal.178の鼓動は18000振動のロービートの音と、一目でビーナスとわかるくらいの特徴であるクロノグラフのプッシャーの動作を下段ピラーに伝えるかなり太めのオペレーティングレバー、そして7歯の上段にかかるクラッチングレバー、リセットハンマーがそれまでのクロノグラフの弱さとされたクロノグラフの誤作動、0ポジションの戻を完璧にしたほどの最高のムーブメントであることは確かである。
★★★ BREITLING ★★★
Project Mercury Story "THE MOON" which is Origne of "COSMONATUE" 

>>この商品についての詳しい情報はこちら



共通テーマ:moblog